最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

転職のタイミングを逃すな

意外とタイミングを見据える必要のある公認会計士の転職の時機について調査しました。

公認会計士の転職のタイミングとは?

実は一般の事業会社に勤めている人が転職するのと同じように、公認会計士が転職活動をするわけにはいかないのです。公認会計士ならではの特殊であり、専門性が求められる業務内容により、転職には計画性が必要となってきます。

クライアントの会計監査の状況を考えると、インチャージに入っている会計士が転職を希望するのは大抵7月くらいが多いようです。ただ日常業務が多忙を極める公認会計士にとって、繁忙期に転職活動をするのは容易なことではありません。

もし業務と平行して転職活動を進めていたとしても、自身の転職活動を優先することは、信用を第一義とする会計士たちにとって先ず考えられません。ですから繁忙期の転職活動では、転職先とのマッチングが上手くいっても、やむをえず選考をストップしなければならなかったり、入社時期の擦り合わせができず、内定辞退せざるを得ない状況になってしまうこともままあります。

全ての方に当てはまるわけではありませんが、一般的にみて6月以降に活動を開始し、9月ごろの入社を目標にすればスケジュールも余裕がもてるでしょう。また数年越しで転職計画を立てておけば、慌てる必要がなく計画的に進められると思うのですがいかがでしょうか。

転職活動のタイミングについては、会計士専門の転職エージェントを活用して管理してみても良いでしょう。彼らは会計士や税理士といった専門職の人たちの立場を良く理解しています。

インチャージ更改があるのでそれまでに活動を終えたいといった会計士の要望や、確定申告の時期や法人決算後の繁忙期は活動自体ができないといった税理士法人・会計事務所に勤めている人の立場をよくわかっているため、最適な転職プランを練ってくれるはずです。

いずれにしても、転職を考えるのであれば早めに踏ん切りをつけ、自分のキャリアプランを考え、動き出すことです。これは会計士に限らず一般職でも同じですが…。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。