最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

仕事をしながら転職先を探す

多くの公認会計士の方が転職を考えているにしても、日々の仕事に追われていると思います。逆に言えば、転職活動は働きながらしなければならないということ。

ここでは働きながら転職活動をする際の注意点をまとめておきましたので、しっかりと肝に銘じておいてください。

会計士が働きながら転職活動する際のポイント

転職活動は口外してはいけない

意外としてしまうのが、ついうっかりと転職活動をしていることを他人に漏らしてしまう失敗。これはもっともやってはいけないことです。

もし転職活動に失敗した時、あなたの立場はどうなるか考えてみればわかりますね。同じ職場の人にバレなければ何も気にする必要ありません。当面はそのまま働き続けられるわけですから、絶対に転職活動を口外しないこと。

職場の同僚や上司、部下、取引先を含め、転職活動をしていることが知られると、通常の業務にも支障をきたしてしまいます。

職場での転職情報は一切シャットアウトすること

転職エージェントのホームページを閲覧したり、連絡メールを会社のパソコンでこっそりとみることのないように。バレないと思ってもシステムを甘く見ないほうがよいですよ。大抵は閲覧ログやメール内容はログが保全されていますから。転職活動は社外あるいは自宅で行うようにしましょう。

面接は休日か業務終了後に設定してもらいましょう

面接日の設定はできれば休日か仕事終わりにするのがベターです。普段の業務の中で面接を行なうと、どうしても急な業務が発生した時など、時間調整が難しく、どちらも疎かになってしまいます。

転職エージェントを利用する際は、面接日の設定に注意を払ってもらいましょう。スケジュールは調整できるよう柔軟な対応が望まれます。

最後に…今の業務に全力を尽くしましょう

転職を上手く成功させたいのであれば現在の仕事もきっちりとすること。仕事の手を抜くと、周りはすぐ転職活動をしているのではないかと気づくものです。そしてなによりも今の職場の人たちに迷惑を掛けてしまいます。“飛ぶ鳥跡を濁さず”ですよ。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。