最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

ミスマッチを防ぐために

会計士の転職がうまくいかない例…

話が違う!こんなに残業が多いなんて…

ライフバランスを重視した転職を希望し、面接でも残業はそれほど無いと言っていた税理士事務所に転職しました。ところが話が違って、慢性的な残業地獄に陥っています。

イメージと違い自分の専門性が活かせない

大手監査法人で公認会計士としてのキャリア培ってきましたが、外から監査をするよりも一般事業会社内で仕事をしたいという思いがあり転職。もっと事業全体を見渡す業務をするイメージで入社したものの、実際は細分化された一部の業務ばかり。そしてルーティンワーク。仕事内容は特段難しくなくても、自分のスキルレベルの停滞を感じ、悶々とする日々を送っています。

ミスマッチを防ぐポイントはどこにあるのか

会計士は専門職だけあり、一見求人サイドと求職者のミスマッチが起こりにくいと思われがちですが、実は専門性が高い職種だけに、小さな認識の食い違いがおこることがあります。

公認会計士の仕事は、監査業務はもちろんのことMAS監査(コンサルティング)や税理士が行なう税務といった幅広い内容が求められることがあります。通常の「会計士募集」では、なにが求められているのか、入所・入社後の仕事内容がわかりにくいものです。

監査法人やコンサルティング会社に転職する場合は業務内容はそれほど相違はなく、会計士が想像できる範囲の内容になると思われます。しかし一般企業などの企業内会計士として働く場合は、予め業務内容や期待される役割についてはしっかりと確認しておきましょう。

転職時のたいていのミスマッチは、求職者と雇用者の思い違いや求められるスキルレベルの相違といったものでしょう。さらに付け加えるなら“期待値”という主観的な要素の相違が双方にあることです。

不幸なミスマッチを避けるためのポイントは、転職を考えている会計士が、求人している監査法人やファーム、一般事業会社が自分に何を求めているかをしっかりと見極めることです。そのためにも転職への事前準備として、しっかりと情報収集を行うようにしましょう。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。