最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

面接で成功するコツ

面接のための事前準備をしっかりとする

会計士の転職の採用試験は主に筆記試験と面接で行なわれます。ほとんどの方が筆記対策に重点を置かれますが、面接にも万全の対策を立てて望まなければなりません。

筆記試験をパスするための準備はもちろん大切なことですが、面接対策を疎かにすると採用に至らず、これでは転職成功にはなりえないのです。

最近では面接試験を重視する傾向が採用者側にみられます。相手がどのような人物を欲しているか、期待される人物像を事前にリサーチして面接対策をしてください。

公認会計士の面接対策あれこれ

事前に情報収集に力を入れる。

面接を受ける監査法人や事業会社についての業界動向や業務内容といった情報を収集してください。ホームページやパンフレット、説明会での資料など、一通り目を通しておきましょう。

想定問答に対しての準備。

本番になって慌てないように、面接での想定問答に予め準備をしておくことです。面接官は多くの採用希望者と会って、話をしています。教科書的な答えを用意しておいてもダメ。あなただけの志望動機や入社・入所後に何ができるのか。自身の強み、転職理由などを改めて考え、まとめておきましょう。

面接時の採点ポイントをチェックして、事前対策。

面接には採点ポイントがあります。これを事前に知っていると、それにあわせた対策が立てられるでしょう。主なポイントは以下の通りです。

  • 身だしなみ、態度
  • コミュニケーション能力
  • 組織人としての協調性
  • 表現力・創造性
  • 業務遂行における積極性
  • 業務を円滑に進める判断力

この中でも特にコミュニケーション能力が一番大切です。公認会計士の仕事は、チームですることが多く、またクライアントとの関わりが求められるものです。面接時の対策として、想定問答を丸暗記して答えるようでは、面接官にすぐ見破られてしまいますので要注意。

公認会計士の方は案外就職活動の経験が乏しく、面接でどう自分をアピールすれば良いかわからないといった方も多く見受けられます。転職エージェントなどを活用して、事前の面接対策を怠らないようにしてください。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。