最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

収入アップを図るなら

職種別にみる公認会計士の年収調査

公認会計士の資格取得者の平均年収は厚生労働省賃金構造基本統計調査によると600万円〜900万円の間で推移しています。

年齢別にみてみると、20代で640万円、30代で750万円、40代で900万円、50代は920万円、60代以上になると1,060万円と、キャリアと経験を重ねていくことで年収が上がっていくのがわかります。

いずれにしても一般企業の年収と比べてみても、高収入であることは間違いありません。

職種別でみるとどうでしょうか。

最も高いのが一般企業の管理部門で働く管理職で平均年収は998万円。一般企業で働く公認会計士の多くが40代以上で、多くの人が1,000万円を超える収入を得ています。

次に投資銀行業務やM&A業務を証券・投資銀行やコンサルティング会社などで行なってい会計士で、平均年収は983万円前後です。この業界は20代でも活躍している人も多く、若くても1,000万円プレーヤーも少なくありません。なかには40代で2,000万円を超える人もいます。

ファンドや投資銀行で働く公認会計士はだいたい800~1,000万円、大手監査法人が600~800万円、一般企業の経理関係が500~650万円くらいが平均相場でしょう。

公認会計士が転職して年収をアップさせるには

公認会計士が年収アップするためには、やはり転職か、あるいは独立をめざすことが考えられます。

それなりのキャリアを持ち、顧客を確保できる見込みがあれば収入面からも独立開業は収入アップの大きなチャンスです。ただし、それなりのリスクが伴うことを忘れてはいけません。

転職では、コンサル系の業種を選ぶと年収が高くなる傾向にあります。ただ年収に比例するかのように、求められるスキルや実務処理能力は必然的にハードルが高くなっていきます。そして業務自体もハードになることは心得ておきましょう。

一般企業でも海外に進出しているところなどは、IFRS(国際会計基準)を導入する企業も多く、その面で専門性を持っていれば高い報酬で公認会計士を求人している企業もあるので、考えてみても良いかもしれません。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。