最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

キャリア形成プランを考えよ

公認会計士たちがめざすキャリアプラン

会計のプロフェッショナルである公認会計士は、会計の専門知識を活かして様々なフィールドで活躍できます。以前は大手監査法人のパートナーや独立開業がキャリアゴールでしたが、今では企業のCFOやCOO、戦略系のコンサルティングファームや経営コンサルタントを目指す公認会計士も多く見受けられます。

公認会計士の仕事の核をなしているのは「監査」です。馬の耳に念仏ですが、監査は公認会計士の資格を持つ人しかできないものであり、多くの試験合格者が一度は監査法人で働いて監査の経験を積むのが一般的でしょう。

監査法人でのキャリアは、入社してからスタッフとして監査補助業務を中心に1年~2年くらい、経験を重ねていきます。その後シニアスタッフとして、連結決算、決算短信、有価証券報告書、キャッシュフローなどの作成も経験していくこととなるでしょう。

監査法人でキャリアを積んでいくならその後、マネージャー→シニアマネージャー→ パートナーを目指すことになります。

ただ前述したように公認会計士として活躍できるフィールドはかなり広がってきているので、ご自身のキャリアプランをどのように形成していくかは、公認会計士として歩み出した最初の段階から思い描いておくべきです。

監査法人以外での公認会計士のキャリアプラン

公認会計士たちのキャリアとして最近人気があるのは、経営コンサルタントでしょう。今までの財務・会計・経営管理等の専門知識が、企業の課題や問題点を数値から分析して、解決策を立案することに活かせるからです。

ひと口にコンサルタントと言っても企業の経営戦略を担当する「戦略系のコンサルタント」や資金繰りや財務諸表分析を担当する「財務コンサルタント」、M&A戦略を担当する「ファイナンシャルアドバイザリー・企業評価」、再生を支援するための「企業再生アドバイザリー」などに細分化されます。

また一般企業やベンチャー企業での経理・財務・経営企画を担う業務に就かれる公認会計士も多くなってきました。これは第三者として監査に関わるよりも、自らが主体となって企業経営の一翼を担うことに魅力を感じた人たちです。

事業会社での業務は、コンサルティング業務・CFO業務・経理・財務・経営企画業務以外にも、IR業務・金融業務など非常に多岐にわたり、魅力に感じる方が多いようです。

いずれにしても、キャリアプランとして幅広い選択肢が公認会計士には広がっています。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。