最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

ベンチャー企業への転職

ベンチャー企業における公認会計士の役割と業務内容

ベンチャー企業が立ち上がり、成長を遂げて行く過程で目標のひとつになるのが、株式上場でしょう。そうした勢いのあるベンチャー企業においては将来のIPOに向けた責任者や、CFO(最高財務責任者)候補などの財務・経理部門の要職で公認会計士が採用されることも多くなってきました。

株式が上場するまでの企業財務に明るい公認会計士は、そうしたベンチャー企業においても高く評価されています。

ベンチャー企業での公認会計士のキャリアアッププラン

最近の若手公認会計士の中には、ベンチャー企業に転職をして、将来的にはその企業のCFOを目指す方も多くなってきました。

ただし一般的にみて、ベンチャー企業の場合は監査法人などよりも待遇面で大きく下がることがほとんどで、また激務になる傾向があります。それでもベンチャー企業でしか味わえない経験や自己成長できる環境があり、意欲的な人には向いているかもしれません。

仮に株式公開までたどりつき、成功を遂げたならばストック・オプションといったかたちで自分たちの努力が金銭的なメリットとなって返ってくることもあるでしょう。

いずれにしてもベンチャー企業では、公認会計士という資格取得者は重宝されるでしょうが、そうした資格や肩書き自体が評価されるわけではありません。あくまで本人の実務能力が会社にどのように貢献しているのかで評価されます。ですからイエスマンや、言われたことだけしかやれないような人は必要とされていません。

ベンチャー企業を志望するならば、自分の専門分野の強みを活かして、幅広く行動できるようなポジティブさが求められることを忘れずに。

ベンチャー企業に勤務する公認会計士の年収を調査

一般企業の経理職と同じくらいの給与体系で、だいたい500万円〜650万円クラスの年収になります。

当然、管理職やCFOといった役職に就いたり、責任あるポジションになったりすれば年収もあがっていくでしょう。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。