最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

独立開業

公認会計士が独立開業を成功させるために

公認会計士にとって、独立開業はひとつの到達点であり、多くの公認会計士が望むキャリアです。

自己で会計士事務所を設立することになりますが、大抵は「監査」「FAS・コンサルティング」「会計アドバイザリー」「税務」といったそれぞれ専門とするサービスに特化して売りにしていることが多いです。

独立開業した人の多くは、まず非常勤の公認会計士として監査業務を請け負うことからスタート。その後、税務や会計アドバイザリーへと業務範囲を広げていきます。

なかにはで監査業務やデューデリジェンス業務などを請け負いつつ、事業拡大せずに個人会計士として開業している人も少なくありません。

もちろん非常勤の監査業務を行いながらFASや税務クライアントを増やし、事業拡大をめざしている方も大勢います。

いずれにしても、独立開業後の自分の位置づけ・立ち位置をしっかりとイメージして事前準備しておくことが大切です。

公認会計士が独立開業をめざすためのキャリアプラン

将来的に独立開業を望んでいるなら、クライアントにとってメリットをいかに提供できるかを常に考えて日々の業務に取り組んでください。というのも監査や財務デューデリジェンス業務は、公認会計士であればほとんどの人ができるものなのです。

ですから他の公認会計士と差別化できる強みを独立前に身につけておく必要があり、それが独立後の武器となります。

具体的にはM&Aや企業再生、IPO、ストラクチャードファイナンスなど、会計やファイナンスに関連する分野での業務習熟度と独自性を磨くこと。さらに経営やマーケティング、IT・システムなどでも意見・提言できるようにしておくと良いでしょう。

独立した公認会計士の年収を調査

これはもうピンキリの世界です。年収300万円の人もいれば、数億円を稼ぎ出す人も実際にいます。

全ての独立開業者に当てはまるかもしれませんが、個人で事務所を立ち上げる場合は、顧客を自分で獲得しなければならず、実際の実務以上に営業力がものを言う世界です。

とはいってもクライアントは、それまでの実績や経験はもとより、あなたと付き合うことでどういったメリットをもたらしてくれるのか、厳しくチェックしています。

ですから独立開業を考えている人は、普段の公認会計士の業務で日々努力を怠らないことがなによりも大切なのです。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。