最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

コンサルティング会社への転職

コンサルティング会社の業務内容

コンサルティングファームは公認会計士にとって魅力的な職場になっています。ひと口にコンサルティングと言っても、その方向性によって公認会計士に求められる役割がかわってきます。

財務アドバイザリー系

財務アドバイザリー系のコンサルティング会社は、大手上場企業・金融機関への業務支援コンサルティングが中心業務になります。ここでは上場企業の開示・財務諸表作成支援、日米財務諸表コンバージェンス支援、内部統制に関するコンサルティング、デューデリジェンスが主要業務となるでしょう。

公認会計士でも監査経験3年以上で主査経験やプロジェクトマネジメントの経験があればコンサルティングファームで即戦力として活躍できると言われています。

金融/財務系

金融系のコンサルティングに強いファームならば、アセットマネジメント事業、投資・M&Aなどの業務が主軸となります。

たとえばM&Aの業務では、買収ターゲットの選定やデューデリジェンス、企業価値算定、買収後の統合支援といった一連の流れに携わることもあれば、個別の業務だけを担当するといったように、方針に応じて業務を担います。

戦略系

戦略系のコンサルティングファームに転職する道もあります。その業務の性質から、保有資格よりも個人の能力の高さや人間性が求められるため、他のコンサルティングファームでは得られないスキルと経験を積めるでしょう。

公認会計士のキャリアはもちろん、異世界にチャレンジしたいと思う人や、会計業務だけでなく、企業経営や経営戦略をも学びたいという人に向いています。

総合系

もっとも幅広い領域を扱う総合系のコンサルティング会社はその規模も大きく、扱う経営課題も多岐にわたるため、各領域別に専門チームを設けて業務をすすめていきます。おもに、金融、製造業、通信、公共機関といった業界別チームと、戦略、会計、人事などの横割りの機能別チームとに区分されます。

業界別では、業界ごとのビジネスルールを熟知したうえで、クライアントとコミュニケーションを築きます。一般的には、マネージャークラス以上の人材が所属するチームです。機能別では、各機能について知見の深い人材が属し、自身の専門分野での能力を発揮することになります。

コンサルティング会社で求められる公認会計士の役割

公認会計士がコンサルティング会社で期待される業務は大きく分けて2つ。連結会計システム導入など、企業経営をシステム側から支援する会計系システムの構築がまず挙げられます。

また、M&Aや海外進出、事業再生、IPOなどを財務側から支援する財務アドバイザリー的な役割が求められます。財務デューデリジェンス(DD)業務、企業価値評価(バリュエーション)業務などは、公認会計士としての専門的な知識と業務経験が求められることから能力が発揮しやすい場が提供されます。

特に戦略系のコンサルティングファームに転職を希望する場合は、通常の監査法人などの業務以外のビジネスセンスやマーケティング力などが求められるため、それなりの覚悟が必要です。

IT系のコンサルティング会社ならば、基幹システムを納入するために財務コンサルティングを行なうケースもあり、IT技術と英語に精通していると就職・転職をする上で有利になるでしょう。

コンサルティング会社に勤務する公認会計士の年収を調査

コンサルティングファームに勤務する公認会計士の年収基準は一般的に高めになる傾向があるようです。

20代〜30代の公認会計士の平均的な年収は650万円~1,200万円くらいが相場となっています。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。