最新動向満載!公認会計士業界の転職事情を徹底チェック

安心できる会計士専門の転職エージェント
おすすめの会計士転職サービス3
Pick Up
TAC プロフェッションバンク
高精度のマッチング&コンサルティング力で転職成功へ導く
Pick Up
ジャスネットキャリア
会計系に強いので初めての就職でも安心な人材エージェント
Pick Up
REX
シニア&マネージャークラスの転職に強い老舗エージェント

公認会計士のキャリアアッププランと転職動向

公認会計士のキャリアアップについて考える。

公認会計士のキャリアとして、どのような道が開かれているのでしょうか。このカテゴリでは代表的な転職先について紹介し、それぞれを詳細に解説しています。

業務の内容や身につけられるスキル、気になる年収相場も調査。できる限り具体的な内容になるよう努めましたので、ぜひ比較検討する上でお役立て下さい。

代表的な4つの転職先

公認会計士の転職先として代表的なのは、次の4つです。

コンサルティング会社への転職

キャリアアップを図りたい会計士に、近年もっとも人気のある会計士の転職パターンといえる、コンサルティングファームへの転職。M&A、組織再編、事業再生分野といった分野のニーズが高く、財務デューデリジェンス業務知識と経験が求められます。コンサルティングファームにもいくつかの系列がありますが、それについても簡単に解説しています。

税理士法人への転職

上場企業から個人の資産家まで幅広いクライアントの税務会計スタッフとして様々な税務や会計に関わる独立系税理士法人への転職事情です。

一般企業への転職

税務会計のスペシャリストでありながらも、CFO候補として、広範な業務に携われる可能性があります。

監査法人への転職

監査法人から監査法人への転職も、スキルアップの手段としてはよくある例です。

有限責任あずさ監査法人、新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、PwCあらた監査法人といった四大監査法人(BIG4)や、その他の監査法人の業務内容や求められるスキルなどを探ってみました。

その他の転職先

上記で紹介した4つの転職先以外にも、公認会計士のキャリアの道が開かれています。

ベンチャー企業への転職

株式上場やIPOを目指す成長企業において、公認会計士は管理部門にて経理・財務のマネジメントポジションとして活躍できます。

独立開業

会計事務所などで経験を積み、自分の事務所を開業するパターンも公認会計士のセカンドキャリアの王道です。

     
【免責事項】このサイトで掲載している情報は、すべて個人が収集してまとめたものです。転職エージェントのサイトでは常に最新の情報に更新されますので、必ず公式ページをご確認ください。